これは昨年10月に私自身がマクドナルドに出撃したときのレポートである。

 

 

「はは~ん、あいつ騎空士だな?ハゲワロス」と嘲笑されることを恐れるコミュ障騎空士の為に、ぜひ参考ににしてもらえれば!!(参考になるとは言っていない)

 

 

 

 

10月13日(金)午後2時

 

名古屋市のマクドナルド某店入り口に1人の男が立っていた。

 

男の名はビィ畜。騎空士ランク153(18年4月時点ランク164)。スタン×アリーザイベ初回からプレイしている古参騎空士である(途中、1年ほど引退期間あり)

 

午前の仕事を終え、後半有休をとった男の目的はただ1つ。

 

 

 

そう。グラブル×マクドナルドコラボである。

 

 

 

ハンバーガーも食べることができて、且つ、ダマスカス、金剛、おまけにSSR確定チケットまで入手できるというこの破格のコラボ。 ※18年4月のコラボではダマスカスとSSR確定チケット取得は不可。

 

こんなお得なコラボを見逃すことができるだろうか。いや、できない。

 

 

 

・・・そして男は深呼吸をした後、静かに「絶」を使い始める。

 

 

 

自身からあふれ出るキモオタオーラを遮断!これによりグランシリーズ3種を1つずつ注文したとしても、店員は「この人、ハンバーガー好きなんだな」としか思わなくなるのだ!

 

 

 

もちろん店内ではミュージックPVの主人公を意識したイケメンウォーキングは忘れない。

 

尚、今回のコラボではノイシュとスカーサハのチラシも作られている。つまり、自分は亡国の騎士ノイシュであると思い込めば更に良し!!

 

後ろに並んでいる幼女に「行くぞ!スカーサハ!」とでも言えば、もはや無敵である。

 

 

注文カウンターでは馴染みのバーでソルティドック(実際くそまずい)を頼むかのように、自然なトーンで注文をする。

 

 

 

ぐぐぐ、ぐら、グランシリーズひと、1つずつくだしゃい!

 

 

 

おっと、ここで忘れてはならないコンファメーションを1つトッピングだ。

 

 

 

つ、包み紙ふぁ!?グランシリーズ専用のつちゅみ紙ですかぁ~(イケメンスマイル)

 

 

 

よし。ここまでは何の問題もなし。

 

順調にハンバーガーを入手したら、次は最大の難関「チェックイン」だ。

 

いかにここまでイケメン的行動をとっていたとしても、ハンバーガーをケータイで必死に撮影していれば、「あっ、あいつキモオタグラブル騎空士じゃねーか!みんなー、騎空士が出たぞー!生け捕りにしろー!絶対逃がすなー!殺せー!!」と迫害を受ける事必至。

 

騎空士と察知させない為には・・・

 

 

 

そう。インスタである。

 

 

 

あたかも「平日昼からマックでハンバーガー3つ食い☆おしゃれ女子は体に良いものだけでなく、悪いものも敢えて食らうんだぞ☆それが自然☆Hanma Yujiro said so☆☆☆」的な文章をインスタグラムに投稿している雰囲気を醸し出せば万事OKだ。

 

尚、18年4月のコラボではハンバーガーは1つで良くなった。優しい。

 

 

3種ともチェックインができたら、あとは食すのみ。

 

尚、3種一気に食べるのは味的にも、胃的にも美味しくないと感じた私は冷静に2個をお持ち帰りし、晩御飯に回したのだった。

 

 

垂れ下がるベーコンがドラクエのミミックを思い出させる。。。

 

尚、食べた感想としては

 

 

 

そこまで味は悪くない。ただ、3つも食べたくないし、3週も食べたくない。

 

 

これがあと2週も続く。正直言って、すでに1週目で心身ともにお腹いっぱいではあるが、金剛・ダマスカス・SSRチケットの為には中途半端にやめるわけにはいかない。毒を食らわば皿までだ。

 

今回味をしめたことで、飲食系コラボが増えそうな恐ろしい予感が当たらないことを祈って。。。

 

 

 

以上、レポっす!

 

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
にほんブログ村

2 thoughts on “【再掲】コミュ障騎空士の為のマクドナルドコラボ必勝法!!”

  1. 記事楽しく読ませてもらいましたー!

    バーガーを携帯でチェックインしてるのを見て騎空士だと分かるなら、そいつも騎空士なのでは?!(迷推理

    かくいう私もキモオタでね。。

    今回のマック古戦場から参戦ですが、楽でいいですね。

    1. そこに気づくとは・・・やはり天才か!!

      ほんと今回のマック古戦場は楽でいいですな!前回は苦行でしたよ、いやマジで\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。